リーマス増量。

前回の受診でリボトリールだと説明された薬、今回はリーマスと説明され、改めて薬局でもらった紙を確認したらリーマスだった。リーマスなんだこれ。先生は前回本当にリボトリールって言ってたんだけど、うーん?

そんなこんなでリーマス2週間飲んだ結果、また日常生活が送れるようになった。順調なので増薬に。
フラッシュバック対策にジェイゾロフト、躁鬱対策にリーマス、ADHD対策にコンサータでわりと安定してる、最近。

ストラテラは途中でやめました。何年も飲んでいたけど、口が渇く、胃の不快感が半端ない、授業のアイデアや生きる活力みたいなものが湧きづらくて。
ストラテラをやめたことで、過集中とか落ち着きのなさとか、いろんな支障は確かに目立ちやすくなったけど、その代わりいろんなアイデアは無限に湧いてくるし、行動力も戻った感じがする。

コンサータは絶対必要。
これを飲んでいなかった頃は毎日毎日眠くて、元気も出なくて、その割に注意力散漫で、生きづらくて仕方なかった。
用量が多すぎると頭が痛くなっちゃうから18mgまで減らしてもらったけど、何とか生活できてるからこれぐらいでいいかも。

5年前、この病院に行くようになって良かったな。行ってなかったら死んでたかも。



リボトリール飲み始めた。

土曜日に処方されたリボトリール。
効果……あるのかな?死にたくて身体が鉛のようになるのは止んだけど、依然として低空飛行のままって感じかな。ああでもどうかな。身体が重くてネガティブな気持ちが止まらなくて、脳みそがダメージ受けてる感じがする。やっぱり。
土日はかなり眠れた。そりゃもうぐっすりと。

苦しいな。結局私この仕事向いてなかったのかな。何でこんなに毎年頑張っても苦しいんだろ。他の仕事やったことないから向いてるのか向いてないのか分からないや。

まぁ私個人の向いてる向いてない別にしても働きにくさは感じる。元々働きにくい職場なのに加えて今は人手不足。嫌になっちゃうね。

みんな苦しいじゃんこんなの。
休職できたらいいんだけど、私はどうしても休職するのが怖い。休職するとどんな風に見られるか、どんな風に思われるか知ってるから。世の中そんなに甘くない。それが怖い。休職してる人が悪いわけじゃないけど、人手不足で補充もされないから結局愚痴られるのは目に見えてる。経歴にも傷がつく。
そして自分の親からの教えがいまだに染み付いていて。努力・忍耐・辛抱。この教えがいまだに私を捉えて離してくれない。

生きるの嫌になっちゃうなぁ…。なんで私の人生ってこんなに上手くいかないんだろう。生まれた時から勝負ついてたのかもね。あーやだやだ。

病気が再発しました。


楽しく仕事できてたと思ってたけど、今週何故か全く気力がなくなってしまい、放課後や夜に全く動けなくなってしまった。
簡単な計算が出来なくなったり、授業の段取りが分からなくなったり。体調も崩してしまって、なんでこんな上手くいかないんだ?と今の状態を病院の先生に話したところ、

「躁鬱が再発している状態。休職も視野に入れましょう。」

と言われた。

でリボトリールという薬が追加になった。

自分でもそう分析していたけど、やっぱり見通しがつかないことやお手本がないもの、段取りが決まってないことに必要以上に不安を感じてしまうのでは、とのこと。
後は、気分がいい時ややる気に満ち溢れている時に仕事を頑張りすぎてしまい、その反動が大きいのでは、と。

本当にその通り。でも前みたいに、いわゆる「躁」の時の天井が高くなくて、比較的長い間続いていたから、それが「躁」という認識が自分になかったんだと私は思う。

前みたいにわーわー泣いたりはしない。取り乱したりもしなかった。内心分かっていた。この感じは、以前の躁鬱の時と一緒だって。動けないほどの苦しさ、重さにははっきりと覚えがあった。ただの落ち込みや、倦怠感ではない。久しぶりの感覚だった。
もう正直、またか…って気持ちだ。
なんで、またこんな状態になってしまったんだろう。

今週、自分がやっていることが正しいのかが全く分からなくなってしまった。今まで8年と半年で築いてきた、自分なりのやり方やルールみたいなものが、よく分からなくなってしまって。自分が正しいと教えられたこと、信じてきたもの、当たり前だと思ってきたもの、既存の価値観、あらゆるものが根底から崩されていっている時代だな、と感じることが多くて。
そんな中で何を教えればいいの?何を語ればいいの?と思うことが多く。
教育の転換期にある割には、相変わらず教員の待遇はひどいままだし。

そんなことばかりが頭から離れなくなってしまった。

月曜日から、仕事できるだろうか。猛烈な無力感に襲われている。
新卒の頃からこの仕事しかしたことがなくて、他の仕事ができる気もしないし。というかこの地域で同じような待遇で働けるホワイトな場所などない。

社会や学校の変化についていけなくて病気再発って、自分でもどんだけって思うよね。

年功序列。

久々に5年前あたりの自分の記事読んでたら可哀想になっちゃった。鬱すぎて。まぁ残念ながらその鬱は良くなったり悪くなったりを繰り返すし転職もしてないし30代に突入して見た目も劣化してひどいことになってますよ。と慰めたくなる(慰めにならない)

ただ学校という組織は年功序列なので20代の時は管理職同僚保護者生徒みんなから良くも悪くも注目されてたけど30代になったら別に…と言うふてぶてしさも得られたしそもそもそこまで注目もされないしわりと順調。
こっちももう変な理想や目標を打ち立てたりとか自己満足にひたったりするのもやめたんでもう淡々と、やるべきことはやる、勉強すべきことはする、でもやらなくてもいいことはやりません、頑張りすぎません、をモットーに歳を重ねたい。

20代いじめる50代共なんてろくでもないし誰がなんと言おうとクズだから気にする必要なし。30年近くキャリア違って同じこと求めてるとか逆にそんなに余裕なくて大丈夫なの?給料も高いのに?そっちはそっちでちゃんと役割をはたせば?って感じ。

30代ほんと気持ちが楽。

だから今の職場で若手いじめがあったら全力で味方するし通報しようと思ってるけど今の職場人格者しかいなくて控えめに言って神。
あの時異動できたから今私は自殺も転職もしないで楽しく生きていられる。趣味を楽しめる時間もある。5年前の極限状態の自分に「死なないでくれてありがとう」と言いたい。

あの時、極限状態だったのに次から次へと新しい業務を割り当てられて、年度末は統合失調症も併発して、クラスの生徒や通りすがりの人、先輩の先生たちから毎日毎時間暴言吐かれてるって思い込んでて(てかいまだに思い込みだとは思ってない。自分の感覚ではあらゆる暴言を吐かれてた。)、3月には教室にも入りたくなくなった記憶しかないけど、あの時にもらった生徒たちからの手紙を読むと、いかに生徒たちにも心配をかけていたかが分かる。本当に申し訳ない。
でも自分がああなったのって私のせいだけじゃなくて職員室いじめが原因なんですけどね…。私のクラスの生徒も何回も被害にあった。
思い出したくないのに思い出しちゃうなぁ…。初任校が違ったら、今どうなってたかな。少なくともこんな一生治らない病気にはなってなかったと思うけどね……。

働き方改革。

最近は「働き方改革」やら「アンガーマネジメント」やら「職場でのメンタルヘルス」やら広まってきて、だいぶ働きやすくなったよなぁと思う今日この頃。
まぁ一人一端末与えられたことにより、教材研究も大変だし自分も一からいろいろ覚えてる状態なので毎日忙しいですが。開拓者って感じでワクワクする。
教科指導も生徒指導も、全てにおいて、自分が学生だった時とはガラッと変わってて、自分の土台になってるものとは全く違うものを提供していかないといけない。そこが難しくもあり、楽しい(^ω^)

教員の世界がブラックなことが世間にもバレてしまい、職場環境が徐々によくなりつつはあるものの倍率低下に歯止めがかからない(笑)
正直、まぁそうでしょうね(呆れ)と思ってます。現職だしやめるつもりはないけどさ。やっぱり異常だったんだよこの業界。おかしいことが横行してるもん。

わたしが受けた頃は倍率高くてお高く止まってた我が自治体も、例に漏れず倍率が下がり、あはは…となっています。
ついこないだまで、「低倍率=まともな人材が集まりにくくなる=日本の教育業界のオワコン化に拍車がかかるのでは…」と危惧していたけど、低倍率でも別にオワコン化してる感じは特にしません。元々クソみたいな管理職・同僚がいっぱいいたし(笑)
ほんと、最初の職場で心身を壊されてから、何も期待してないんだよな、職員室の人達に。

しっかし不思議なのが、それでも若い子たちの方がそこら辺の50代の人より全然まともだったりする(人間的にも仕事の仕方も)
職場環境、まだまだ良い方向に変わっていけそうだな。
前の記事へ 次の記事へ