ACT1-(4)

美月大学付属高校。


体育館で行われていた入学式が終わり、新入生達は各々の教室に戻った。

教室に戻ったあさぎは帰り支度を済ませ、職員室にでも寄ろうかと考えていた。

「あ、ねぇ。鹿目さん。良かったらカラオケしに行かない?」

「ごめん。私、都合が悪いんだ。また良い時に声をかけてくれる?」

手に持ったバイト届をヒラヒラと振ると、クラスメイトはそっかと頷いた。

「じゃあ、またね。」

あさぎが教室から出ていくとクラスメイト達はひそひそと話をした。

「鹿目さん、変わっているよねー。」

「ご両親が多忙過ぎて、おばあちゃんに育てて貰ったんだって。」

「え、それって育児放棄?」
「ちょっと、言い方が失礼だよ!」

「これ、ホントかどうかわからないけどさ。鹿目さんのおばあちゃんって普通の人間じゃないらしいよ?
何か魔法使いだとかどうとかって聞いたけど。」

「それ、ただの噂でしょ?魔法使いなんて存在するわけないじゃん。」


「………聞こえているっつーの。」

あさぎは廊下を歩きながら、ボソッと呟いた。


バイト届を提出した後、あさぎはMAHO堂に寄った。
そこには1人の初老の女性が待っていた。


「あら、貴女が鹿目あさぎさん?」
「はい。えっと、魔女界の人ですよね?」

「ええ、私はマジョプラム。マジョリリィのことは常々聞いていましたよ。
魔力が強すぎるせいで魔女界を追放されたって聞きましたけど、幸せな最期を迎えたそうね。」


「………はい。安らかな最期を迎えました。
女王様にお会いできなかったのが心残りだったそうですけど。」

「そうねぇ………今の女王様はお優しいお方だから、色々融通を利かせてくれる性格よ?」
「そうなんですか………。」

「さて、早速で悪いけど植物を運んじゃいましょうか。」
「はい!」


続く。

ACT1-(12)


「………これで、大丈夫です。クイーンオブハートにプログラムを送りましたので、
僕達が攻撃される心配はありません。」

「ありがとう、物吉。」

「よし、それじゃあサクサクッとラヴクラフトを探すとしますかね。」
「…………あのー、元カノの現彼氏を保護するっていうのはどうですか?」

「俺達に何のメリットもないから却下だ。
大体、自分のことは自分で守れって感じだな。」
「そうですね………今のところ、優先度は低いですから
ある程度は自衛して貰わないと。」

「そ、そうですか………。」
「まぁ、だよなぁ………。」

「それに彼女を取られたのなら、現実世界で殺せば良かったのにそれをしなかったってことは、
臆病者だってことだ。」
「まあ、殺すことはできなかったんでしょうね。
だからこっちに逃げ込んだかと。」

「………何で智久さんも鶴丸さんも、思考が物騒なんだ………?」
「………それ、言っちゃダメだってば。」

「さて、ストーリーはある程度無視しても大丈夫なはずだから、
ダンジョンに向かって手掛かりを集めるとしようか。」

「はい。」


芳樹達は総合案内所から離れたところにある初心者向けのダンジョンへ向かった。


「…………ここはまあ、ある程度スルーしてもいいよ。」

「上級者向けじゃないから、視線さえ合わせなければ………ってぇぇ!?」

視線を合わすなりボコスカとモンスターをボコる芳樹達に律と幸太は真っ青になった。

「………な、何で急にボコスカと………?」
「ん?ああ、ちょっとイラっとなったんだ。」
「そうそう、気にするな。」

「………いや、気にしますって。」
「そりゃ、気になりますよぉ………。」

「うーん、単にデザインが気に食わなかっただけだと思うよ?」
「何ていうか、ちょっと悪趣味に走っているといいますか………2人の美意識に反すると言えばいいのか。」

「………芸能人の美意識って何だよ………。」
「さ、さあ………?」


続く。

ACT1-(3)


「実はここのMAHO堂を開店することにしていたのですが、
ここのオーナーを任された魔女が老衰で亡くなったのです。」

「………それはご愁傷様です………。ちなみに何のお店を開店しようと?」

「花屋です。」
「………ああ、なるほど。美月町、花屋さんの数が少ないですからね。」

女王様から話を聞いたあさぎは、あ、と呟いた。

「あの、女王様。もしよければ、私がここを引き継いでもいいですか?
ちょうど、店を持ちたいと思っていたところなんです。」

「店を持ちたい、と?」

「はい。おばあちゃんから薬剤関係の魔法を教わったんですけど、
なかなか使う機会がなくて困っていたんですよ。
花屋兼薬局として、開店できたら素敵だと思いません?
ただ、薬剤師の資格がないんで、薬局として開店できるのはもっとずっと先のことに
なると思うんで、当面は花屋だけになっちゃうんですけど。」

「それは素晴らしいアイデアですね。
では、ここのオーナーは貴女に任せても良いですか?」

「………はい!ありがとうございます!」

あさぎはそういうとトートバッグから、水晶玉の入った袋を取り出した。


「あ、それでしたら女王様。この水晶玉はどうしましょうか?
死んだおばあちゃんの持っていたものなんですけど。」


「では、それを貸していただけますか?」

「はい。」


あさぎから水晶玉を受け取った女王様はそれを宙に掲げた。


「MAHO堂よ、代われ!」

水晶玉から優しい光が溢れ、何もなかったMAHO堂には植物が溢れた。

「おぉ………凄い……。」


「近いうちに貴女をサポートする魔女をここに派遣します。
貴女に会えて、本当に良かった。」


「…………私もです、女王様。」




続く。

ACT1-(2)

トートバッグを片手に持ち、あさぎは家を出た。
先日最終回を迎えたドラマの主題歌を鼻歌で歌っていると、
あさぎはある建物に気づいた。
「………MAHO堂?」
看板にはでかでかとMAHO堂という文字が書かれていた。
「MAHO………魔法堂?」
つい、口から魔法という言葉が出た。
「……………のぞいてみようかな。」
魔女の血が流れているせいか、あさぎは好奇心が抑えきれなくなり、
MAHO堂に入ることにした。
扉を押すとチリリン、というベルが鳴った。
………だが、店内は薄暗く、不気味さが漂っている。
「すみませーん、誰かいませんかー?」
声を出してみるが、何の反応もない。
「……………うーん、弱ったなぁ………開店休業状態?」
今のあさぎにできることと言えば、薬関係の魔法しか使うことができない。
相手を攻撃したり、することは教わっていない。
その必要がないから、と祖母に言われたからだ。
平和な時代に、攻撃的な魔法を使えばそれこそ第二次世界大戦よりも悲惨なことになる、と祖母が
言っていたのを覚えている。
「………すみませーん、誰かいますかー?」
もう1度、声をかけてみる。すると、シャランシャラン、と何かが降りてくる音が聞こえた。
「…………え?」
建物の奥には中庭に通じる通路があった。
音はそこから聞こえてくる。
見つかったら素直に謝ろうと思い、あさぎは店内を進んだ。
中庭に入ると、馬車があった。
そしてそこには、ベールを被ったドレス姿の女性がいた。



「………こんにちは。」
「こんにちは。今日は良い天気ですね。」
「はい。…………あの、ひょっとして魔女界の女王様ですか?」

あさぎの問いに女性………魔女界の女王様はええ、と頷いた。

「あ、すみません。私のおばあちゃん、魔女界出身なもので。
次期女王でもないのに強い魔力を持っていたから、追放されたって言っていたけど
幸せな人生を送ることができたって言っていましたから。」

「………まあ、貴女のおばあ様も魔女だったのですか?」
「ええ、去年老衰で亡くなりましたけど。
マジョリリィ、という名前でした。」
「マジョリリィ………確かそういう名前の魔女がいたことは聞いています。
ええ、そういえば私が女王になる前、強すぎる魔力のために魔女界を追放されたそうですが、
そうでしたか。」

「………はい。」

「貴女にはすべてを打ち明けていたのですね。」
「ええ、小さい頃はおばあちゃんに育てられましたから。
その関係で色々と。
…………それで、女王様はどうしてこのようなところに?
私は散歩をしていたら、ここの看板が目に入ったので、中に入りましたけど。」


続く。

ACT1-(1)


美空市美空町………の隣にある市、美月市美月町。


「………えぇっと、そしたらこれで全部ですかね?」
「はい。ありがとうございます。お疲れ様でした。」

鹿目あさぎは宅配業者から荷物を受け取ると、ふぅとため息をついた。

「…………お、今年は豊作かな。」

米10sを軽々と担ぎ、あさぎは台所に持って行った。

高校進学をするにつれて、両親にわがままを言って1人暮らしをすることになったあさぎは、
冷蔵庫に貼ってある写真を見た。

「…………魔女かぁ。おばあちゃん、最期まで女王様に会えなかったことを悔やんでいたからねぇ。」

幼少期から多忙だった両親に代わり、自分の面倒を見てくれていた祖母が死んだのは中学卒業の頃。
自分が魔女だと言っていた祖母は、いつか魔女界に行って女王様に謝りたいといつも言っていた。
両親の前では魔法を使わなかったため、2人とも信じてはいなかったが
あさぎだけは祖母が嘘を言っているとは思えなかった。
魔法を使わない理由は、「1人になってしまうことが怖いから」とのことで、
寂しい思いをしていたあさぎの前でだけ、祖母は魔法を使っていた。

祖母は薬剤師の資格を持ち、魔法を使って薬を生成していた。

あさぎも将来は医学関係の仕事に就きたいと思っていたため、祖母から漢方を始めとする薬学について
教わった。

米櫃に米を入れた後、あさぎは身支度を済ませると玄関の扉を開けた。

「さーて、今日はどのあたりを散歩しようかな。」
続く。
前の記事へ 次の記事へ
プロフィール
三日月宗近さんのプロフィール
性 別 女性
年 齢 31
誕生日 2月18日
地 域 富山県
系 統 普通系
職 業 その他
血液型 A型